Nishimura Gallery
artists

 

 

樋口佳絵 HIGUCHI Kae

耳鳴り
My Ears are Ringing Sometime

2007年2月20日(火)-3月17日(土)西村画廊

 

「声のような耳鳴り」2006
tempera, oil, pencil on canvas
181.7 x 227.3 cm

 

「待ち合わせ」2006
" To Meeting Place "
tempera, oil on canvas
80.3 x 130.1 cm


「名前を呼ぶ」2006
" Calling Name"
tempera, oil, pencil on panel
60.8 x 50 cm

 

「1/6」2006
tempera, oil on panel
90 x 90 cm

 

 

西村画廊では2007年2月20日(火曜)より3月17日(土曜)まで樋口佳絵第二回個展を開催致します。樋口は2005年の西村画廊での初個展が高く評価され、今後の活躍が期待されている若手作家です。<<PROFILE


樋口佳絵は1975年仙台市に生まれ、1997年に東北生活文化大学を卒業しました。テンペラと油彩を用いた混合技法で、子供たちのふとした瞬間を独自の視点から描き出した作品を制作します。仙台を中心に制作活動を続け、2005年春には東北・北海道在住の若手作家を紹介するシリーズ企画展「N.E.Blood 21」(リアス・アーク美術館)で取上げられました。同年西村画廊で開催した初個展では、可愛らしさと無垢な邪気が同居した独自の作品世界が話題を呼び、全国的にも注目されることとなります。 これをきっかけとして樋口は2005年度宮城県芸術選奨を受賞、2006年1月には北海道立近代美術館の「A MUSE LAND 2006 スウィート・メモリーズ」に出品しました。また2007年は「アートみやぎ2007」(宮城県美術館、1月30日-4月8日)に出品する他、VOCA展(上野の森美術館、3月15日-3月30日)に選出され大原美術館賞を受賞する等、精力的な活動を続けています。


この度の個展では、テンペラ・油彩の混合技法による新作15点を発表します。樋口の作品の全てに登場する、小さな黒目とぽっかりとあいた口が印象的な子供たちは、可愛らしさの奥にとらえどころのない虚ろな表情をのぞかせています。こうした子供が、何処とも限定できない景色の中に戯れる様子は、私的な思い出にとどまらず誰もが共有しているような心象風景として描かれており、テンペラの白く霞んだ色彩と相まって、懐かしさと同時に他人の記憶の中にいるような不安をも伝えます。本展では、細い2本のひもを男の子たちがつたっていく様子を大胆な構図で描いた「待ち合わせ」や遊びの途中で名前を呼ばれて振り返った瞬間をとらえた「名前を呼ぶ」など、子供たちの何気ない日常の中で光る繊細な魅力を描き出した作品を展示します。より一層深みを増した樋口の作品世界にどうぞご期待下さい。

   
   

Nishimura Gallery is pleased to announce the 2nd exhibition of new paintings by Kae Higuchi from 20 February to 17 March, 2007.

Kae Higuchi was born in Sendai in 1975 and graduated from Tohoku Seikatsu Bunka College. She has been living and working in Sendai.
The 1st solo exhibition at our gallery in 2005 was very successful, as a matter of fact her works are sold out. After that, she was awarded "the Young Artist Prize of Miyagi Prefecture".
In 2007, Higuchi particiates in the group exhibitions 'Art Miyagi 2007 ' and also 'VOCA 2007' in which she is awarded "the Ohara Museum of Art Prize".

Working with a mixture of tempera and oil paint on canvas or panel, Higuchi depicts the chidren's ordinary life. The painted children with small black iris keep their vague and empty mind at the back of their loveliness. Higuchi paints them not only as her private memories but also as the mindscapes that belong to everyone. These works awake nostalgia and loneliness as if we wondered in someone's memories.

We show 15 new paintings by Kae Higuchi , which will express her deep poetic world . These works are so imepressive that draw attention more broadly than ever.

 
 
◆フジテレビ・アートネット「展覧会に行こう!」
URL:
  http://www.fujitv.co.jp/art-net/
 
◆ジャパン・デザイン・ネット
URL:
 
http://event.japandesign.ne.jp/news/9644070302/
 

−樋口佳絵展 カタログ発売中−

 

「樋口佳絵 耳鳴り」

8ページ / 図版 10点
20 x 20 cm

定価 200円 / 送料 200円

ご希望の方はE-mailでお申し込み下さい。
E-mail:
order@nishimura-gallery.com

振込先:三井住友銀行 東京中央支店 普通 7885769
(株)アート・マスター・キー