artists
     
     
     
 

SEPTEMBER 2021

 
  9月22日(水)-10月30日(土)  
  22 Sep. - 30 Oct.  
  日曜、月曜、祝日休廊  
  Closed on Sundays, Mondays and National holidays  
     
     
  舟越桂 Katsura FUNAKOSHI
押江千衣子 Chieko OSHIE
小林孝亘 Takanobu KOBAYASHI
曽谷朝絵 Asae SOYA
町田久美 Kumi MACHIDA
三沢厚彦 Atsuhiko MISAWA
 
 

 

 
     
 

西村画廊では、2021年9月22日(水)から10月30日(土)まで、舟越桂、押江千衣子、小林孝亘、曽谷朝絵、町田久美、三沢厚彦の最新作によるグループ展“September 2021”を開催いたします。

舟越桂は、青く彩色し海に見立てた胴体を一艘の船が行く新作彫刻《青い体を船がゆく》を出品します。

押江千衣子は、包まれるような光と葉を落とした木々の調和が叙情的な新作ペインティング《桃源郷》を出品します。

小林孝亘は、家の窓から漏れる灯りと夜の暗さが暖かく響き合う《Home》の他、数点の新作ペインティングを出品します。

曽谷朝絵は、最新の連作《Chords》を出品します。これらの作品は、2019年の展覧会『予兆の輪郭』(トーキョーアーツアンドスペース本郷)で発表したペインティングに加筆したもので、曽谷の持つ「色が音を発する」という共感覚を視覚化しています。個々の絵画は、時間に連れて移ろう光の投影や反射が描かれていると同時に『色の和音』を示しており、それらを様々な形で組合わせて展示することで1つの曲を空間に立ち上げる、という意図の下に制作されています。

町田久美は、新たな展開を見せる新作ペインティングを数点出品します。

三沢厚彦は、《ANIMALS》の最新作として、ライオンと鳥のキメラの新作彫刻を出品します。

6名の作家の最新作に、どうぞご期待ください。皆様のご来廊を心よりお待ちしております。


Nishimura Gallery is pleased to present "September 2021," a group exhibition by new works by Katsura Funakoshi, Chieko Oshie, Takanobu Kobayashi, Asae Soya, Kumi Machida and Atsuhiko Misawa, from 22 September (Wed) to 30 October (Sat), 2021.

 

 
     
     
   
     
  舟越桂 Katsura FUNAKOSHI
青い体を船がゆく A Boat Drifts Away on the Blue Body  2021
painted camphor wood and marble
96.5 x 47.5 x 25 cm
 
     
     
     
 
 
     
 

曽谷朝絵 Asae SOYA
Chords   2019-2021
oil on cotton on panel
100 x 20 cm each 


 
     
     
     
 
 
     
 

小林孝亘 Takanobu KOBAYASHI
Home   2021
oil on canvas
61 x 72.6 cm  


 
     
     
 
 
 

押江千衣子 Chieko OSHIE
桃源郷   2021
oil pastel on canvas
100 x 100 cm  

 
     
     
     
 
 
     
 

町田久美 Kumi MACHIDA
storm   2020
sumi, oil color pencil and grease pencil on Japanese paper
20.1 x 28 cm  

 

 
     
     
 
 
     
  三沢厚彦 Atsuhiko MISAWA
Animal 2021-03   2021
camphor wood and oil
79.5 x 48.5 x 97.5 cm

 
     
     
  Photo: 岡野圭 Kei OKANO (All Works except A Boat Drifts Away on the Blue Body by Katsura Funakoshi)