artists
     
     
     
  小林孝亘 新作展
 
  Kobayashi Takanobu New Works  
     
  11 November wed ー 12 December, sat 2015  
 
 
     
     
 

西村画廊では、2015年11月11日(水) より12月12日(土)まで、小林孝亘の約2年振りの新作展を開催いたします。

小林孝亘は1960年東京日本橋に生まれ、1986年に愛知県立芸術大学を卒業しました。大学卒業後、制作に集中するため外界との接触を極力避けていた小林は、そうした自己を投影した「潜水艦」の姿を約9年間にわたり描きつづけました。そして1995年、水戸芸術館の「絵画考‘95」展において、光に包まれる水飲み場や樹木、犬の絵画を発表したのを契機に潜水艦シリーズから脱皮し、それ以降は枕、食器、テールランプ、森、人物など、様々なモチーフを普遍性と光に重点を置いて描いて来ました。
これまで、国立国際美術館(2000年)、目黒区美術館(2004年)などの個展をはじめ、小林の作品は国内外の数多くの展覧会に出展されてきました。近年では、2014年に横須賀美術館で回顧的個展が開催され、あわせて刊行された作品集(青幻舎)と共に高い評価を得ました。西村画廊では1996年に最初の個展を開催し、以後今日に至るまで小林の作品を継続的に紹介しています。

2013年の当画廊の個展では、森の中で鳥に連れられていく人物など非現実性の高い絵画を発表し、その新たな展開が大きな話題を呼びました。日常生活に身近なものをモチーフとしてきた従来の作品とは異なり、小林の頭の中に浮かんできたイメージを元に描かれたそれらの絵画は、一つの画面に複数のイメージが描かれることにより、ある物語の一場面のようにも見えるのが特徴的です。それまでこのような物語性を表すことを意識的に避けてきた小林ですが、やがて、頭の中で繰り返し浮かんで来るこれらのイメージに対して、たとえそれを描くことにより作品の解釈が限定的になってしまうとしても、それは描かずにはいられないもの、受け入れるべきものだと思うようになったと言います。
このような変化の一方、小林が描こうとしているものは一貫しています。「物語性を孕んだイメージをそのまま描いても、普遍的な『存在』が描ければそれでいいのだと思った。やはり描きたいのは『存在』だった」と彼自身が語るように、それが何であるにせよ自分を揺り動かした対象であるなら、そしてそれを描くことで見えない何か、つまり「存在」を表すことができるなら、小林にとってそこに本質的な違いはないのでしょう。

本展で発表する最新の油彩5点とドローイング約6点は、全てが森の中を舞台に描かれています。それらは、生い茂る草の上に逆さまに立つ壷、通常ではあり得ないバランスを保つ積木、長い髪を川の水に浸しながら寝転ぶ人物など、現実ばなれした物語的な絵画でありながらも、同時に強いリアリティを我々に感じさせる、不思議な魅力を備えています。

新たな境地を見せる小林孝亘の新作展に、どうぞご期待ください。

 
 


 
     
 

 
 
 
 

"Block" 2015
oil on canvas 194 x 162 cm

 
     
     
   
 
 
     
 

"Inverted Vessel" 2015
oil on canvas 100.3 x 80.2 cm

 
     
     
   
 
 
     
 

"Supply" 2015
oil on canvas 162.1 x 130.3 cm

 
     
     
     
 

Nishimura Gallery is pleased to present KOBAYASHI Takanobu solo exhibition for the first time in 2 years.

KOBAYASHI Takanobu was born in Nihonbashi, Tokyo in 1960, and graduated from Aichi University of the Arts in 1986. For about 9 years after the graduation, he made a series of painting of a “submarine”, which was a metaphor to himself who tried to cut off contacts with the outside world to concentrate on working. In the group exhibition “Mito Annual ’95 −Discover Paintings: works & language” (Art Tower Mito) in 1995, he showed the paintings of a drinking fountain, a tree and a dog in the park covered with sunlight filtering trough trees. After this exhibition, he put an end to “submarine” series, and started to paint various subject like pillow, dish, tale lamp, forest and human figure focusing on light and universality.
Kobayashi’s works were exhibited a lot within and outside the country, for example, the solo exhibition at The National Museum of Art, Osaka (2000) and Meguro Museum of Art, Tokyo (2004). In last year 2014, his retrospective solo exhibition was held at Yokosuka Museum of Art, and his latest book was also published from Seigensha Art Publishing. Nishimura Gallery held his solo exhibition for the first time in 1996, and since then, we have his exhibition continually.

In Kobayashi’s solo exhibition of 2013 at our gallery, he showed paintings which subjects seems to be unrealistic; for example, a man being led by a bird in the forest. In contrast to his previous works which motives are familiar in our daily life, these works comprise several motives which came from the image in his mind and they seems to be one scene of a story. He tried to keep away such narrativity until then. However, even though the narrativity may limit the interpretation of work, he seems that those should be painted or accepted because such images come his mind again and again.
Meanwhile, what Kobayashi has been trying to paint is consistent. As he said “I believed it was fine if I could paint the universal existence. After all, what I want to paint was existence”, there is no essential difference as long as the object moves himself and represents existence.

Main subject of Kobayashi’s latest 5 oil paintings and 6 drawings in this exhibition is all in forest; inverted vessel in grass, block which keeps impossible balance, man lying along a river, and so on. Though these are unrealistic and narrative painting, at the same time, these have mysterious attraction which make us feel strong reality.