artists
     
     
     
  40年プラス
 
  40 Years plus  
     
  8 May, Friー 27 June, sat 2015  
 
 
     
 

押江千衣子 
小林孝亘  
指田菜穂子 
曽谷朝絵  
舟越桂   
町田久美  
三沢厚彦  

OSHIE Chieko
KOBAYASHI Takanobu
SASHIDA Nahoko
SOYA Asae
FUNAKOSHI Katsura

MACHIDA Kumi
MISAWA Atsuhiko

     
     
 

昨年の「西村画廊40周年記念展」につづき、2015年5月8日(金)から6月27日(土)まで、押江千衣子、小林孝亘、指田菜穂子、曽谷朝絵、舟越桂、町田久美、三沢厚彦の最新作によるグループ展「40年プラス」を開催します。

押江は今年2月に、当画廊では約7年振りとなる個展を開催しました。今回は、家庭菜園の収穫物である大根の葉をモチーフにしたペインティング1点を発表します。

小林は昨年、初期から最新作まで約100点が一堂に会する回顧的個展が横須賀美術館で開催されました。今年9月には当画廊でも個展を開催します。今回は、近年取り組んでいる物語性を帯びたペインティングを3点発表します。

指田は、2014年のVOCA展(上野の森美術館)で発表した「辰」と「寅」のペインティングを筆頭に、十二支をテーマにした作品を描き進めており、来年その連作による個展を当画廊で開催予定です。今回は、2015年の干支である「未」をテーマにしたペインティングを発表します。

曽谷は2014年から1年間、文化庁新進芸術家支援制度でニューヨークに滞在していました。この5月には、台北のAKI Galleryで海外では初となる個展を開催します。今回は、NY滞在中に描きためた新作を数点発表します。

舟越は、兵庫県立美術館を皮切りに群馬県立館林美術館、三重県立美術館、新潟市美術館の4 館を巡回する個展が今年6月からはじまります。また、来年はパリのギャルリー・クロード・ベルナールで新作展を開催する予定です。今回は、新作の彫刻とドローイングを数点発表します。

町田は、昨年10月に約1年半振りの個展を当画廊で開催しました。今回は、それ以来となる待望の新作ペインティングを発表します。

三沢は現在、岡山県の高梁市成羽美術で個展が開催中です。昨年も、高松市美術館、岩手県立美術館、周南市美術博物館(山口)で立てつづけに個展が開催されており、各地で人気を博しています。当画廊でも今年11月に約2年振りとなる個展を開催します。今回は、初めて題材に選んだカモノハシなど、彫刻4点を発表します。

豪華な顔ぶれによる最新作に、どうぞご期待下さい。

 
 


 
     
 


 
 
 
 

舟越桂 FUNAKOSHI Katsura
「夜の森の塔」 "A Tower in the Night Forest"
2015 painted camphor wood and marble 
109 x 48 x 30 cm
撮影:今井智己

 
     
   
     
 
 
 

小林孝亘 KOBAYASHI Takanobu
"Block” 2015
oil on canvas
53.4 x 45.5 cm

 
   
     
     
 
 
 

押江千衣子 OSHIE Chieko
なのはな "nanohana” 2015
oil pastel on canvas
80.3 x 100 cm

 
   
     
     
 
 
 

指田菜穂子 SASHIDA Nahoko
「未」"Sheep” 2015
acrylic gouache on canvas
80.3 x 65.2 cm

 
     
     
     
 
 
 

曽谷朝絵 SOYA Asae
"Circles” 2015
oil on cotton on panel
76.5 x 76.5 cm

 
   
     
     
 
 
 

町田久美 MACHIDA Kumi
「牧草地」"pastureland” 2015
oi; pastel, graphite crayon and ccolor pencil on Tosa paper
21.2 x 30 cm

 
   
     
     
 
 
 

三沢厚彦 MISAWA Atsuhiko
"Animal 2015-03” 2015
camphor wood and oil
20.4 x 40.3 x 75.5 cm
撮影;今井智己