artists





   

  

 
     
  小林孝亘 KOBAYASHI Takanobu
"Octopus trap" 2010
oil on canvas
50 × 40 cm
 
     
 





 


◇ 夏の月

好きな食べ物のひとつにたこがあります。たこなら何でもいいというわけではなく、僕が好きなのは、半生に茹でて薄めに切ったものです。それにレモンを絞って塩を振りかけて食べますが、しっとりとした噛みごたえの後に、ほのかな甘さが広がってなんともいえません。

去年の2月、神戸の大学での、日常の中から作品の題材を見つけるという授業の一環で、明石周辺を散策しました。魚の棚商店街の魚屋でたこの干物を見て、昼食に明石焼きを食べ、漁港ではタコフェリーや使い古された蛸壺を見たりして、たこ三昧の一日でした。

4月にバンコクに行き、現地の古本屋で見つけた松尾芭蕉の本の中に、芭蕉が明石で詠んだといわれる「蛸壺や はかなき夢を 夏の月」という句がありました。

海の底に沈んでいる蛸壺、そこに入っているたこ。夢とは寝て見る夢なのか、希望という意味合いの夢のことなのか?海の遥か上にかかる月を、夏の夜、暗く静かな海の底からただ想っている。壺の中のたこは芭蕉になり、やがて自分自身になっていきます。

たこに始まって、夢、夏と私にとってはなんとも気にかかる言葉で構成されているこの句からは、存在していることのはかなさ、悲しさがひしひしと伝わってきます。偶然なのか必然なのか、蛸壺を見て、この句に出会いました。そして、蛸壺の絵を描きました。
蛸壺、テント、寝袋、ボート、ぶどう、熾き火、百葉箱など、9点の絵で今回の展覧会は構成されています。

どうしてたこが好きなのか?どうして絵に描いた様々なモチーフを選んだのか?それは自分自身にもよくはわかりません。年を重ねるごとに、わからないということがわかってきたような気がしています。


小 林 孝 亘
東京 2010年4月


             


     ■小林孝亘オフィシャルサイト  https://www.takanobu-kobayashi.com/




◇ Summer Moon

One of my favorite foods is octopus. What I like most is half boiled and thinly sliced that I enjoy eating with squeezed lemon and salt. After well chewing, some sweet taste comes in that is beyond description.

In February of last year, I was teaching at a college in Kobe, I walked the surroundings of Akashi seaside to find the subject for the works in the daily life. I saw the dried octopus in the Uonotana Shopping Cent- er and ate Akashi-yaki of octopus for lunch. At the fishing port, I saw octopus ferry and old octopus trap. That was a fully octopus day indeed.

In April, I went back to Bangkok. At an old bookshop, I found a book on Matsuo Basho in which there was a Haiku he composed at Akashi that is “Tako tsubo ya / hakanaki yume o / natsu no tsuki” (The octo- pus’ fleeting dream / in the trap / the summer moon)

A trap under the sea, and an octopus in the trap. Does the dream mean a dream in sleeping or a dream as a hope by implication? In a summer night, octopus only yearn for the moon floating over the sea, from the bottom of the sea of dark and calm. The octopus in the trap transforms into Basho, and then into myself in due time.

Begin with octopus, dream and summer, the haiku composed from the words attracted my mind deeply and I feel the ephemeral and sorrowness of being existence. I don’t know it was by chance or necessity, I encountered the haiku after I saw the octopus, and I started painting of octopus trap.

This exhibition is composed from nine paintings, Octopus trap, Tent, Sleeping bag, Boat, Vineyard, Sitt- ing fire and Ventilated case etc.

Why I like octopus and why I chose the various motives in the paintings? I don’t know why, but I am be- ginning to understand little by little, with growing ages, that I don’t understand.

Kobayashi Takanobu
April 2010, Tokyo